スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

はじめてのチュウ~律澪編~

最近コマーシャルで流れているはじめてのチュウ。その歌詞を変えるだけで律澪になっちゃう。


初めてのチュウ。律とチュウ。


これですこれ!君を律に変えるだけであら不思議!律澪になっちゃう!
あとは違うコマーシャルでいっぱい食べる君が好きを変えて


いっぱい食べる律が好き。


来ましたよ律澪!世界は律澪に染まっていっている証拠ですね!
律澪。それは正義。律澪。それは運命。律澪こそがすべてなのです!


とまあ最近はこんな感じでぶっ壊れています。
そして、はじめてのチュウの歌詞を参考にして出来たのが、今回のSS。
参考、と言ってももう歌詞通りじゃないですね(笑

ちなみに以前書いた律澪SSの続きだったりします。
知らなかったらカテゴリの律澪を見てください!


それでは、楽しんでくれたら幸いです。





午前3時。私は眠れずにベッドで仰向けになりながら時計を見ていた。
明日も学校なのに、これじゃ授業中居眠りしちゃう。


「これもそれも、律のせいだ」


眠れない理由は律にあった。今日の放課後、律にキスされたからだ。
最初に寝ている律にキスしようとしたのは、確かにいけないと思うが…。
実は律は起きていて、そのあとにキスされた。


「まだ、顔が熱いや」


あれから何時間も経っているのに、未だに熱が冷めない。


「柔らかかったな。律の」


初めてのキスはレモン味とか言うけど、全然そんなことはなかった。
柔らかかった。でも、それだけじゃない。温かくて、優しくて、ちょっとカサカサしていて。
そして、なにより律の気持ちが、伝わってきた。


「そっか。私、律とキスしたんだ」


そうだ。そうだよ!私、しちゃったんだ。キス。
ずっと、ずっとずっと律のことが好きだった。子供の頃から。
その思いは募っていって、いつの間にか律に触れたい。律とキスしたいと思っていた。
そして、その願いはかなった。律と、キスしたんだ。


「まずい。幸せすぎて…」


嬉しすぎて、涙が流れる。夢じゃない。夢じゃないよな?
何度も何度もそう思ってしまう。キスした時も、律に聞きまくって、怒られたっけ。
律も私と同じ気持ちでよかった。律が私のことを好きでいてくれて。
初めてのキスが律でよかった。律も初めてだったみたいだし。


「あ~もう。ぐずっ。眠れない」


律も、眠れないのかな?いや。あいつのことだ。きっと寝てるだろう。
と携帯がなった。メールだ。誰だこんな時間に。
携帯を開いて、メールを見た。


「―ー―っ。ったくあいつは!もう!まったくもう!」


メールは律からだった。内容は


『初チューでドキドキして寝れないよ~(///∇//)テレテレ 澪も早く寝ないと明日授業中寝ちゃうぜぞっ☆

追伸:またチューしようぜっ!(* ̄・ ̄)ちゅ~~♪』


こんな内容送られて来たら余計眠れなくなるじゃないか!
こっちからも何か送ってやる。そして、余計眠れなくしてやる。

律とのメールは朝まで続いた。正直言って眠たい。
でも、律と同じだから、嬉しかった。


律とキスして、本当に嬉しかった。眠れない夜はしばらく続きそうだ。




スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール

ANUBIS

Author:ANUBIS
戯言ブログへようこそ!

主に日記。SSS(ショートストーリーショート)を掲載。

最近百合にどっぷり嵌っています。律澪は神です。初天は最高です。乃莉なずは最強です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。